急な出費に間に合わせるためにカードローンでお金を借りました

みずほのカードローンでお金を借りました。
余計な借金だけはすまいと思って生きてきたのですが、お金がないときにかぎって、まとまったお金が入用になるものです。私の場合は、知人の結婚式や出産祝い、親戚の入学祝いなどが重なってしまいました。

ご祝儀に包むお金をケチってはどうかという考えが頭をよぎったこともありました。しかし、いくら不景気な懐具合とはいえ、せっかくのお祝い事に水を差すのは避けたかったし、格好わるいところを親しい人たちには見せたくないものです。そのため、何とか金を工面しなければと頭を悩ませてはみるのですが、さしたる妙案は浮かばない。

結局のところ最後は即日キャッシングに頼ることとなりました。

なぜ、みずほカードローンを選んだかと言うと、みずほの銀行口座を開設している場合は、収入証明書等の資料を提出する必要がなかったからです。

借金のために市役所に行って収入証明書を発行してもらうのは気が滅入ります。それに平日に市役所に行くのは仕事を休まなければ無理です。

借金のために仕事を休むだなんて、ますます気鬱です。だからこそ、みずほの審査システムは私には好都合だったのです。

審査は滞りなく済み、申し込みしたその日のうちに審査合格のメールが来ました。おかげで窮地を何とか乗り越えることができました。
借金にハマってしまうのはいけませんが、どうしても必要なときはカードローンに頼るというのも悪くない選択肢かもしれませんね。

借金に対する見識を改めました。

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンの最大のメリットは一度審査に通ってしまえばいつでも利用可能額内でどこでも利用できるという点では無いでしょうか。

銀行系カードローンの共通で審査が厳しいと言われておりますが、それでも一度ローンカードを作成してしまえばコンビニのATMなどでも引き出すことも出来ますし、それができることで例えば旅行先で財布を落としてしまった時や、急に入院などをしなければならなくなった時、後は冠婚葬祭などで急な出費を必要とする時など何にしてもすぐにお金を用意しなければいけない時にその度に審査をしなければならないという不安にかられる必要が無いのです。

いつでもローン契約が可能というのは使いすぎる可能性があるというデメリットも存在しますが、利用に対して計画性を持ってしっかり管理することができるのであれば何時でもお金を用意できるというのはとても心強いものです。

使う使わないに関わらずローン審査だけ先に行っておくのもありでは無いでしょうか。

銀行系カードローンは安心感があります

本当に多くの宣伝を目にするのが銀行系カードローンなのでとても力を入れているのだなということが伝わって来ます。
銀行って聞くと安心してお金を借りられそうと思う人もたくさんいるのではないかと思います。

カードローンはとてもお金を借りやすい仕組みになっているので銀行系カードローンもその良さをしっかりと受け継いでいるようですしお金を借りる時に選択肢に入れやすいです。安心してお金を借りたいと考える人にとっては銀行系カードローンはとても魅力的です。

普段利用している銀行のカードローンでもいいですし色々な銀行がカードローンをやっているので条件のいいところを探してみるのもいいです。よりお得だなと感じる銀行系カードローンを利用することが出来ればいいと考えています。

銀行でお金を借りられるという安心感は本当に大きなことです。よくわからないところでお金を借りると不安になってしまいますが銀行系カードローンならそんな心配をすることがありません。

メリットについて。

カードローンのメリットを考えてみると、自由という言葉が一番先に思い出されます。それは、お金の借り入れの時間や、枠内の金額などです。つまり、契約時に決まったキャッシング枠の範囲ならば、いつでもどこでもお金が引き出せるという事です。

カードローン利用者からすれば、当たり前のことなんですが、これってとても便利なことなんですよ。その理由は、お金が必要になるときって、前々から分かっていることもありますが、そうじゃないときも多いからです。

例えば、冠婚葬祭などの際はそれを実感します。そういうときこそ、カードローンを使いピンチを脱却するのが、望ましいことだと思います。また、カードローンは基本ATMを使いお金を引き降ろすことになります。そのため、都心のみならず地方でも利用が可能なので、出張先や旅行先とどこでもコンビニさえあれば、お金の工面は簡単に行えます。

これらの事から、カードローンは大変自由なサービスだと思います。

主婦がキャッシングをする場合の注意

主婦がキャッシングをする場合、まず、パートやアルバイトをしているか、全くの無職かによって、借り入れ先が大きく変わってきます。
例え低収入でも、パートやアルバイトをしている場合は、消費者金融でも、銀行のカードローンでも大体の会社は申し込むことができます。ただし、消費者金融については、総量規制という法律ができたため、大雑把に言うと、借り入れの総額が年収の3分の1を超えてはいけないということです。

これは消費者金融だけの決まりなので、3分の1を超える場合には、銀行のカードローンを利用するしかなくなります。

また、全くの無職である場合は、消費者金融では借り入れを受けることができないため、必然的に銀行を利用するしか方法はありません。
また、もし、キャッシングをしていることがご主人や家族にバレたくない場合は、書類などを自宅への郵送にせずに、無人契約機で受け取ったり、自宅への郵送を時間指定にするなどの工夫が必要です。

審査が厳しいわけではない銀行系カードローン

低金利で魅力的な銀行系カードローンですが、その反面、一部の利用者からは「銀行系は審査が厳しいので使いづらいことがある」との声が聞かれたりもします。
実際のところ銀行系カードローンの審査は、果たして本当に厳しいのでしょうか。

結論から言うなら、銀行系カードローンの審査は甘くはありません。

しかし、「甘くはない=厳しい」と一概に言い切ることもできません。銀行系の審査は甘くはないというのは、「業界内では最もきちんとした審査の一つ」ということです。

そもそも審査というものは、申し込んだ人の属性や過去の履歴などをチェックして行われます。ただ、そのチェックをどれだけ念入りにするのかは金融機関によって差があります。銀行系カードローンこそは、最高レベルに丁寧にチェックがなされているのです。

ですから正確に言うと、銀行系カードローンは審査が厳しいのではなくて、審査が丁寧になされているということなのです。

それは要するに仕事が丁寧だということなのですから、何も問題はありません。

パート主婦が銀行系カードローンを使う場合

パート勤めをしている主婦の中には、収入が配偶者の不要枠内に収まるように調整している人がとてもたくさんいます。
その為、だいたい年収で100万円くらいになっている人が多いです。

不要枠内で働いている主婦が銀行系カードローンを利用してお金を借りる場合、約100万円の年収の3分の1までの金額を借りることが可能です。銀行系カードローンは銀行系消費者金融の商品なので、総量規制の対象になっているからです。

名称がよく似ている銀行カードローンの場合は、銀行が扱っているカードローンなので総量規制の対象になっていません。ですが、銀行系消費者金融はあくまでも貸金業者なので、収入によって融資額が制限されるのです。
不要枠ギリギリまで働いている主婦の方なら、審査結果次第で銀行系カードローンを使って30万円くらいまで借りることが出来ます。

これだけ借りられれば、ちょっとした出費を賄うには充分でしょう。もちろん銀行系カードローンを使うには審査をクリアする必要があるけれど、特に問題がなければ審査はそれほど難しくないはずです。